<   2012年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

4月の誕生会@ケア・アシスタンス

25日(水)にケア・アシスタンスで4月期の誕生会が行われました。

毎月、介護員さんたちが趣向を凝らした出し物が披露されていますが
今月はカラオケ大会
a0234745_11351280.jpg

一番右側の方は梅沢富美男さん。「夢芝居」歌っていました。
a0234745_1140456.jpg

ジュディ・オングさんも登場しました。

そして厨房からのおやつは…
a0234745_1141318.jpg

エクレアです。
毎月、誕生会のおやつは介護員さんが決めてくれます。
既製品ですみません。
最近、手作りおやつよりも既製品の方が喜ばれるようになってきてしまいました。。。
[PR]
by houkoukai-kitchen | 2012-04-29 12:00 | 行事 | Comments(0)

栄養士の情報交換会

4月24日(火)は今年度の第1回目の、法人内栄養士の情報交換会でした。

情報交換会では
・担当施設の厨房や配膳室の衛生チェック
・当日の昼食の検食
・利用者さんの食事見学
・情報交換
の4つをメインに実施しています。

4月の担当は、結城地区。
特別養護老人ホームと、養護老人ホームの合同厨房です。

この日の結城地区の昼食は
・ご飯
・白菜となめこの味噌汁
・赤魚の生姜煮
・春菊の白和え
・桜大根
でした。
a0234745_10493078.jpg

特養は温冷配膳車での配膳です。
これまで、結城地区の検食は養護で実施していたので
上大野地区の栄養士は、温冷配膳車から出される食事を検食したのは初めてでした。

やっぱり、温かい物は温かく、冷たい物は冷たく、適温で提供されると美味しい!
特に春菊の白和えの冷え具合が絶妙で、とても美味しかったです。

上大野地区では、厨房改修の際に温冷配膳車の話も少し出たのですが
やはり、初期投資も維持費もかかるので断念。
でも特養の食事を食べてみると、適温の重要度が本当に良く分かりました。
通常配膳でも、適温提供が出来るように、努力を惜しまず頑張ります!



そして、利用者さんの食事見学では
結城・尾崎地区からの提案で、
「施設栄養士と利用者さんの関り方」を見学してみることにしました。

担当施設の栄養士は、いつも食事時に利用者さんに接しているように動き
その様子を他の栄養士が見学します。

これは、いろんな発見がありました。
普段、利用者さんの食事を良く見ているか?
どんな関り方をしているか?
どんな所に注目して食事をチェックしているか?など
いろんなことが見えてきます。

情報交換会では、見学してみた感想を
良い点、悪い点など挙げて、皆で意見交換しました。
そこから話が広がり、新しい取り組みの案も出てきたりと
有意義な時間を過ごすことが出来ました。



今回の結城・尾崎地区からの提案には、経緯がありまして…
芳香会では、今年度より栄養アドバイザーとして
神奈川県の厚木市から江頭文江先生に来ていただくこととなりました。

江頭さんからのアドバイスで
「意見を出し合って、栄養士同士で良い叩き合いが出来るといいね」
との言葉があり
今回は"良い叩き合い"を実践してみよう!という結城・尾崎地区からの提案でした。

これからも"良い叩き合い"を継続して
少しずつレベルアップしていけたら…と思います。
[PR]
by houkoukai-kitchen | 2012-04-28 12:00 | 勉強会 | Comments(0)

厨房見学

以前、このブログでも
ミキサー食に関する新たな取り組みについて紹介させていただきましたが
先日、ケアの看護師さんの紹介で
那須烏山の施設の栄養士さんが、当厨房のミキサー食作りを見学に来てくださいました。

ミキサー食の改良を始めた当初は、厨房の栄養士さんや調理員さんたちも
今までと違うことをやるのでちょっと大変…という気持ちもあったと思いますが
今はすっかり慣れて説明もスムーズ。
a0234745_15391827.jpg

他の施設の栄養士さんが見てる…!と思うと
気持ちも引き締まります。

今回は、ケアの看護師さんも一緒に見学してくださいました。
普段、看護師さんや介護員さんに調理の様子を見ていただくことが無いので緊張しますが
厨房での取り組みを理解していただく為には、実際に見てもらうのが一番。
「見れて良かった~」と言ってもらえました。

最後に、真空調理関係の機器も紹介して
栄養士間の情報交換なども少しさせていただきました。

これからも、こんな機会が増えると良いなと思います。
[PR]
by houkoukai-kitchen | 2012-04-20 12:00 | Comments(0)

お花見献立

桜の花が咲いて満開になったので
そろそろお花見~♪と思っていた4月11日(水)
あいにくのお天気で桜の花は散ってしまいましたが
この日に合同厨房ではお花見献立を提供しました。

a0234745_1515368.jpg

メインは"桜ちらし寿司"
献立を担当した幸田栄養士が
「ちらし寿司にしたから桜が散っちゃったんですかね~…」と責任感じでおりました。。。
でも、とても美味しかったし
利用者の皆さんにも好評でした。

ケア・アシスタンスでは、お花見会も予定されており
利用者さんは車の中から桜を楽しんだようです。
おしながきも用意しました。
a0234745_15151938.jpg

配ったおしながきは、大切に居室まで持って帰ってくださる方もいれば
職員のメモ用紙になる場合もあります。。。
[PR]
by houkoukai-kitchen | 2012-04-19 12:00 | 行事食 | Comments(0)

H24年度 療護園前期会食会(バーベキュー会)

春になり、桜が満開になりましたね。

昨日H24.4.11(水)に療護園前期Aグループ会食会(バーベキュー会)を実施しました。

今年度は、前年度と違い初めて会食会としてバーベキューを調理しました。
~メニュー内容~
・ソース焼きそば
・鮭おにぎり
・バーベキュー(焼き鳥・肉類・貝類・野菜等)
・ケーキ&フルーツ
・コーラ
※内容は、Aグループ利用者にメニューの希望取りをして決定しました。

皆さん、とても上手にカットしています。
とても積極的に食材を1人でカットする利用者の方もいました。調理が好きな事が分かりました。
a0234745_16581993.jpg

a0234745_1741010.jpg

a0234745_1738785.jpg

カットした材料を使って、調理スタッフが焼きそばを作りました。
a0234745_1771181.jpg

a0234745_17175220.jpg

とても美味しい香りがして皆さん早く熱々が食べたいとの希望があがりましたので、焼きたてのメニュー
から順番に召し上がっていただきました。
出来上がった焼きそばです。
a0234745_17165022.jpg

「とても熱々で美味しい!こんな焼きそばは、初めて食べたよ」などの声が聞く事が出来ました。
a0234745_17182970.jpg

a0234745_17372744.jpg

次に、バーベキュー食材を炒めました。
a0234745_17231031.jpg

出来上がりは、こんな感じです。焼肉のタレをかけて召し上がっていただきました。
a0234745_1724569.jpg

k様の、嬉しそうな笑顔が見れて良かったです。
a0234745_17362581.jpg

最後に、デザートを召し上がっていただきました。
a0234745_17255878.jpg

皆さん、とても満足されたご様子でほっとしました。
次回は、5月に実施予定のBグループ会食会をご紹介したいと思います。
[PR]
by houkoukai-kitchen | 2012-04-12 00:00 | 行事食 | Comments(0)

デイ料理教室@ケア・アシスタンス

3月の出来事ですが…
ホワイトデーの日に、デイさんの料理教室がありました。

今回作るのは「がんづき」
蒸しパンのようなものです。

材料は栄養士の方で計量してあるので
どんどん混ぜていってもらいます。
a0234745_10352672.jpg
a0234745_10353912.jpg


本当はマドレーヌ型で作りたかったのですが
業者さんが持って来たのが、お弁当用のカップ…
a0234745_10363061.jpg

でも、小さい可愛いカップケーキになりそう!
a0234745_10371551.jpg

「このくらいで丁度良かったかもー!」

…ところが。。。
a0234745_10381679.jpg

でっ、、、でっかくなっちゃった!

厨房で蒸したら広がっちゃいました。

でも利用者さんには好評でしたよ♪
皆さんお疲れ様でした。
[PR]
by houkoukai-kitchen | 2012-04-07 12:00 | 行事 | Comments(0)

食事介助の勉強会@ケア・アシスタンス

青嵐荘ケア・アシスタンスでは
毎月、職員会議の中で各セクションが担当となって勉強会を行っています。

3月の担当は栄養セクションでした。

今回、選んだテーマは「食事介助」

摂食や嚥下について力を入れている、お隣の療育園から
副主任看護師の新関さんに講師として来ていただきました。

ただの講義ではつまらない…
ということで、食事介助の実習をやりました。

使用する食材は
白いお粥(食べやすいように塩味付き)
a0234745_9441858.jpg

刻みのサラダと湯ペースト(お湯にトロミ剤を入れただけ)
a0234745_9443047.jpg


まずは、忙しい時にやってしまいがちな
"立って食事介助"
a0234745_9481069.jpg

人間は食べ物を目で追う

上から介助すると上を向いてしまう

上を向くのは気道確保の体制

上を向いて食べると気管に食物が入ってしまう
…という状態を体験します
a0234745_9482429.jpg

白粥を使って体験してみましたが
みんな「くっ苦しい…!」「飲めないよー!」と言いながら
何とかごっくん。。。

正面を向いた状態で食べること、利用者さんと同じ目線の高さから介助することの大切さを再確認しました。



続いて、早く食事介助を終わらせたい時にやってしまいがちな
"利用者のペースを無視した介助"の体験
a0234745_9575072.jpg

白粥を、介助者が自分勝手にガバガバと口に入れていきます。

そこら中で「ううっうんっ!」「ちょっと待って!」の声が聞こえて来ます。

食事は呼吸のひとつ。
パクっと食べて、ごっくんと飲み込んだら「はー」と息を吐くまでが一連の流れだそうです。
これを無視すると、むせ込んでしまったり、窒息してしまいます。

利用者さんが飲み込んで息を吐くまで、しっかり待ってから次の食物を口に運ぶ。
言われてみれば、確かに…と思う実習でした。



最後は、"舌の動きと湯ペーストの有効活用"の実習です。
a0234745_1044597.jpg

まずは刻みのサラダをそのまま口に入れ食べてみるのですが
舌は前後の動きのみとします。
人間は赤ちゃんの頃は舌が前後にしか動かないそうですが、
いろんな物を食べるようになると、舌が複雑に動くようになってくるそうです。
しかし、この舌の動きが鈍くなってきてしまうのが高齢者。
その様子を体験するのですが…
a0234745_1085484.jpg

「えっ?なになに?どーゆーこと?全然食べられないんだけど」
みんな困惑しています。
自分たちが普段いかに舌の動きに助けられているかが分かります。

次に、サラダを湯ペーストでコーティングして食べてみます。
a0234745_10112790.jpg

もちろん舌の動きは前後のみ。
でも、湯ペーストでコーティングすると、安易に飲み込むことが出来ました。

しかし、この湯ペーストは
使い過ぎると、食べ物の味が薄まってしまいます。
食べ物にドバーっとかけてしまうのは、あまり良い使い方ではありません。
一口量の食べ物をスプーンに取って、スプーンを湯ペーストにくぐらせてコーティングする方法が最良です。

上大野地区の合同厨房では
この湯ペーストの利用が無くても、安全に食事摂取が出来るように
刻み食の完全廃止をすることが今年度の目標です。

現在、主菜と副菜の一部は刻み食を廃止出来ていますので
完全廃止まで、あと一歩…いや、30歩くらいかな?
頑張って取り組んでいきます。



職員会議の時間は押せ押せになってしまいましたが
とても有意義な時間を過ごすことが出来ました。
[PR]
by houkoukai-kitchen | 2012-04-06 12:00 | 勉強会 | Comments(0)


青嵐荘療育園(重症心身障害児施設),青嵐荘療護園(指定障害者支援施設),青嵐荘ケア・アシスタンス(介護老人保健施設)の合同厨房のブログです。真空低温調理法による食事提供,施設独自のソフト食レシピを紹介します。


by houkoukai-kitchen

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

検索

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧